1887-1925

1887ルイ・オーグスト・ゴレイがスイスに会社を設立。
1894日本に初来日。
1912ルイ・オーグストとその息子のオーグスト・ジュリアンは宝石細工の取引をする株式会社を登録。社名をゴレイ・ブッシェル&シーアイイーとする。
1914ミキモトとパールビジネスを開始。

1926-1950

1932天然石や人工石のカット、研磨を始め、時計メーカーの部品のための小さな工場を設立。
1944ゴレイブッシェルは社会的機関を設立。
1947会社をローザンヌに移転。

1951-1975

1954フランスへ海外進出。まもなくゴレイ・ブッシェルは宝石用原石と真珠の販路をヨーロッパ、日本、東南アジアおよびアメリカに確立。
1968現代的経営を導入。様々な部門をゴレイブッシェルホールディングスSAの傘下に置く。天然や人工の宝石をカットする製造部門をフランスに設立。

1976-2000

1977ゴレイブッシェルジャパン株式会社を設立。
1979ゴレイブッシェルはキュービックジルコニアを工業規模でカッティングする先駆者となる。
1985ゴレイブッシェルホールディングSAは株式を公開し、スイス証券取引所に上場。
1986ゴレイブッシェルトレーディング株式会社を設立。
1987「オロ・ヴィボ」ショップを作り、小売業をスタート。
1988株式会社SSP東京を設立。
1997本部を新しくローザンヌのローダニー通りに移転。

2001-2012

2001ゴレイは真珠のクオリティの世界的基準「ゴレイ・パール・クオリティ・ラベル」を発表。
2003鉄の留め金でパールをつなぐ「サインド&シールド」で特許を取得。真珠に新たな歴史を刻む。
2004グループは元来事業であるパールと宝石に専念するために「オロ・ヴィボ」のヨーロッパでの小売業を売却。
2008ゴレイファミリーはほとんどの株式をノーリンベスト・ホールディングスに売却し、ノーリンベスト・ホールディングスはゴレイを解体し、スイスの証券取引所に登録。
2009ポール・マークスはゴレイブッシェルグループの一部を買収し、ルイゴレイ・インターナショナルを設立。
2010ルイゴレイ・インターナショナルはゴレイブッシェルグループの2社、ゴレイブッシェルジャパンとSSP東京を引き継ぐ。ポール・マークスは全株式の40%をゴレイブッシェルホールディングスへ売却。ゴレイブッシェルトレーディングはルイゴレイジャパンに社名を変更し、本社を大阪から神戸へ移転。
2012ルイゴレイジャパンはゴレイブッシェルジャパンを合併。